【大楠山】富士山、横浜、相模湾の景色を楽しむ日帰り登山

山ブログです。今回は大楠山(おおぐすやま)を登ってきたので紹介したいと思います。

コンテンツ

『大楠山』とは。大楠山までのアクセス

大楠山は神奈川県横須賀市にあり、標高242mの山です神奈川県内の1000m以上の山に今まで登ってきましたが、その中でも一番標高が低い山です。ですが、頂上からの景色は抜群の山。

横浜ランドマークタワー、三崎港、富士山に江ノ島と海、山、ビル、ゴルフ場とバラエティ豊かに360度の絶景を見渡すことができます!

360度の絶景。

海も山も一度に楽しめる!!

逗子駅までは東京駅からJR横須賀線で約1時間です

逗子駅

逗子駅

登山スタートの場所は前田橋バス停。逗子駅から前田橋バス停までは約25分で着きます。ハイキングコースは前田橋バス停降りてすぐです。

バス乗り場は逗子駅の2番乗り場長井行き・大楠芦名口行き・横須賀市民病院行きに乗ります。

2番乗り場

2番乗り場

ちなみに今回のバスで通り道の葉山公園前バス停で降りて少し歩くと、海の景色を楽しむことができます。僕はスタート地点の前田橋バス停にまっすぐいかず葉山公園前バス停で降りました。この日は天気がよくて暖かくて最高でした〜。遠くは富士山まで見ることができました。

視界を遮るものはありません!!ちょっと面倒かもしれませんが、バス降りてゆっくり見る価値ありです!!

視界を遮るものはありません。前田橋バス停まで結構歩くことになりますが、バス降りてゆっくり見る価値あります。

時間に余裕があればぜひ、歩いてみてくださいね。海風が心地よいです。

今回登ったコース。道の状態は?登った時期は?頂上までの所要時間は?

今回は2つのコースを利用しました。

登りは前田橋バス停から大楠山頂上を目指すコース。頂上までは約1時間半

下山は頂上から大楠芦名口バス停へのコース50分ほどで下山できます。

もちろん大楠芦名口バス停から頂上を目指すこともできます。どちらのコースも逗子駅からバスで行けます。

登山道に関しては、登りやすい山です。まっすぐ進んでいくのみ、登山初心者の方にピッタシの山だと思います。登山装備も整えなくても登れる山だと感じました。前田橋バス停から頂上までのルートは木に囲まれた道を進んでいくので、あまり景色は見れないのがちょっと残念でしたけどね。

今回、登った時期は12月中旬。絶好の登山日和という感じで快晴でした。平日のためか人はあまりいなかったです。団体の年配の登山者の方とすれ違ったくらいですね。

大楠山、登山レポート!

それでは大楠山登山レポートに入りたいと思います。

前田橋バス停→大楠山ハイキングコース入り口

前田橋から歩いてほんの数分で登山道への遊歩道があります。

川が見えるのでそこに向かって行きます。

川が見えるのでそこに向かって行きます。

ここからハイキングコースに繋がります

ここからハイキングコースへ。

なんと!ここは川の中を歩いて行けるのです!普段の生活だと、川の中は歩けないですよね。ちょっと悪いことしてるようなスリル感を僕は味わいました。ワルガキの頃に戻ったかのような感覚でした(笑)。楽しかったー

「上流から水流れてきたら俺死ぬな」とか考えながら歩きました(笑)

岩の上を一歩ずつ歩きます。ちょっとスリリングです

岩の上を一歩ずつ歩きます。ちょっとスリリングです

遊歩道途中でトイレに行けるので安心

遊歩道途中でトイレに行けるので安心

遊歩道を歩いてしばらくするとハイキングコース入り口に到着です。

ここは不思議なところでした。牧歌的と言ったらいいんでしょうか?ファンタジー世界に登場する村を想像しました。画像の橋と畑、ハイキングコースへの道がいい雰囲気を作り出していてとても落ち着く場所でした。

 

大楠山ハイキングコース入り口→大楠山頂上

さて、ここからがスタート。登り道が増え、坂をどんどん進んでいきます。

ハイキングコースらしく傾斜が続きます

ハイキングコースらしく傾斜が続きます

一体これはなんだろう?岩かな?

一体これはなんだろう?岩かな?

しばらく進むとベンチが。低くて座りにくそうでした。

しばらく進むとベンチが。低くて座りにくそうでした。

紅葉がすぎたこともあってか地面は落ち葉で覆われている箇所も。前日に雨が降ったのか地面は湿っていましたが、整備されているため、歩きやすい道が続きます。

紅葉がすぎたこともあってか落ち葉がたくさん

可愛らしい植物。名前がわからないのが残念。自分に草花の知識があればもっと登山が楽しくなるんだろうな。

可愛らしい植物。名前がわからないのが残念でした。自分に草花の知識があればもっと登山が楽しくなるんだろうな。

ベンチ2つ目。あいかわらず低いなキミ。

ベンチ2つ目。あいかわらず低いなキミ。

ハイキングコースの傾斜は、たまにきつい坂もありますが基本的にゆるい角度で歩きやすいです。ただ滑りやすい岩道もあるので油断は禁物。

途中で雲が出てきてちょっと心配しました。この後は晴れたので良かったぁ

途中で雲が出てきて心配になりました。この後は晴れたので一安心。

綺麗に直角90度でした(笑)

綺麗に直角90度でした(笑)

本日3つ目のベンチ。この子は座りやすそうでした

本日3つ目のベンチ

だんだんと晴れてきました

だんだんと晴れてきました!

この坂が滑りやすく危なかった。何回かこけそうになりました

この坂が滑りやすく危なかったです。何回か転びそうになりました

水の流れた形跡が残っていました。

水の流れた形跡が残っていました。

3つ目のベンチをすぎ、きつい坂道を登り終えると雨量観測所が見えてきます。ここまでくると頂上はもうすぐです!

あ、あれはなんだ!?やっとゴールか!?

雨量観測所近くには畑が!僕は野菜に詳しくないので趣味が家庭菜園の両親に聞いたところカブらしいです。

国土交通省の雨量観測所。

国土交通省の雨量観測所。

下から見ると中々迫力ありました。

下から見ると中々迫力ありました。

この雨量観測所をすぎると、頂上まであと200m!!

ここからまっすぐ登ると頂上です。後、もう少し!!

視界が開けた!

視界が開けた!頂上だ!

大楠山頂上

大楠山からの景色。三浦半島です。

大楠山からの景色。三浦半島です。遠くには伊豆大島も見えます。

頂上からの景色は素晴らしいものでした。高台がから360度、見渡すことができます。海から冷たい風が吹いて寒かったです。

大楠山頂上。標高242m

大楠山頂上。標高242m

横浜、桜木町方面の景色。小さいですが、画像中心に見えるのはランドマークタワーです。

横浜、桜木町方面の景色。小さいですが、画像中心に見えるのはランドマークタワーです。

東京湾に向かうの船が見えました。

東京湾に向かう船。

三浦半島と広がる空。

三浦半島と広がる空。

うっすら富士山も見ることができました

うっすら富士山も見ることができます。

頂上にはベンチがあり、団体の方達で仲良く食事をしていました。景色もいいし、休憩するにはもってこいの場所です。僕もここでお昼ご飯にしました。

山頂上でお昼ご飯を食べていて最近思うことがあります。あったかい食べ物を頂上で食べたい!頂上でカップラーメンて食べてみたい!寒い頂上でラーメン食べたら絶対美味しい。コッヘル買おうか悩みます。頂上では1時間ほど休み、下山しました。

頂上。結構広いです。

頂上。結構広いです。

ベンチも結構ありました。

ベンチも結構ありました。

ここでコーヒーを飲むこともできるようでした。

ここでコーヒーを飲めるようでした。

大楠山頂上→大楠芦名口バス停

下山はかなり楽でした。車も通れる広い道をずっと歩いて行きます。前田橋からのコースより景色が見えます。景色を見たい方は行きも帰りも大楠芦名口バス停のコースでもいいかもしれません。

下山道。車も走っていました。

下山道。車も走っていました。

カブかな?

カブかな?

前田橋コースよりも視界が開けています。

前田橋コースよりも視界が開けています。

ずっと坂道を下っていきます。

ずっと坂道を下っていきます。

この道をまっすぐ進むと登山道です。

この道をまっすぐ進むと登山道です。

大楠山、素晴らしい山でした。都心から近く、初心者でも簡単に登れます。標高は低いですが、海に山に都会と360度の景色は見てもらいたいです。気軽に来れる大楠山、最高です!

Follow me!

前後の記事へ